> > >

東京都内・福生のデリヘル店と風俗店

解説地域

福生

地域の詳しい解説

福生市は、東京都の多摩地域中部に位置する市です。アメリカ空軍横田基地がある街としても知られる福生市は横田米軍基地が3分の1を占めている国際都市です。実際の行政面積は6.92km²となっています。これは多摩地域において狛江市についで小さく、全国でも3番目に小さな市です。市名の由来には諸説あり、麻の古語、フサに由来するという説、北方から来る敵を防ぐ要衝であった所から来ているとする説、アイヌ語由来説など、多数あります。あとから「福」「生」という縁起の良い字が当てられたといわれています。そんな福生市のご当地グルメといえば「福生ドッグ」となります。福生市にあるハム工場で作られた福生ソーセージを使って作られた福生ドッグは、長さが16cm、太さは2.3cmと福生(フッサ)にかけ、決められているそうです。売っているお店の数だけ色々なドッグの種類があるそうなので、福生市を訪れたときには食べ比べをしてみたいものです。横田基地がある福生は「東京のアメリカ」といわれるほどアメリカの文化を街中で感じることができます。70年代ごろまでは米軍ハウスと呼ばれる平屋が若者の間で人気で、そこから独特なファッションや音楽、アートなどを福生ブランドとして発信されていきました。とはいっても街には桜祭りやほたる祭り、七夕祭り、福生ふれあいフェスティバルなどといった日本の風習を色濃く残したお祭りなども開催されていますので、まさに日本にいながら異文化の香りのする街となっているのです。福生はたくさんの表情をもった街です。水の良さを証明するように江戸時代から続く造り酒屋や神社、大ケヤキがあり、歴史を感じることができます。特に多摩川沿いでは野鳥を見ることもできますので自然の多さも魅力な街でもあります。そんな福生でアメリカンな空気を存分に楽しみたいといった方にお勧めなのはベースサイドストリートとなります。基地との境に面した国道16号沿いにあり、おしゃれなアンティークショップから、ライブハウス、雑貨、古着、アートギャラリー、カフェ、アイスクリーム店、日本のおみやげ店などバラエティ豊富なショップが立ち並び、ショッピングや食事、芸術を楽しみながらアメリカンな異国情緒を楽しむことができます。街中をうろつく人も日本人と同じぐらい外国人が多いので日本語と英語が飛び交う中での買い物も一つの楽しみといえるでしょう。福生から生まれた究極のカステラであるアメリカンカステラはモンドセレクションを2年連続受賞していてその味はお墨付きとなっています。また、メディアでも紹介された大正時代にドイツ人技師から伝授され、長年正統派ドイツ式製法を守り続けてきている大多摩ハムも福生の特産品となっていますので是非福生を訪れた際には食べてみたいものです。他にも、いろいろな隠れた名店や、日本料理のお店からアメリカンなお店まで様々なおいしいお店があることも街の魅力の一つとなっています。
福生市の主要駅は福生駅となっています。東京都福生市本町にある、JR東日本青梅線の駅です。駅周辺は福生市の中心街であり、2004年(平成16年)4月21日に建替えて再開業した西友を始め、マクドナルドと元ケンタッキーフライドチキンをテナントに持つ2つのビルを中心に、東口ロータリー周辺は多くのファーストフード店と消費者金融店舗などが入るビルがあるなど、大変にぎわっています。東口の西友福生店part1、2階とはペデストリアンデッキで結ばれており、さらにメインストリートのやなぎ通りの反対側の西友part2側まで車道を横断する事なくペデストリアンデッキで行けるようになっています。福生市自体には5つの駅があり、福生駅、牛浜駅、拝島駅 、東福生駅、熊川駅となります。福生駅から立川駅までは17分、八王子駅までは25分、新宿駅までは1時間ほどで乗り換えが必要になるなどと、都心へのアクセスはそこまでいいとは言えないものの、バスなどもありますので不自由を感じることは余りありません。
そんな福生市での主力となっている風俗はデリヘルとなります。横田基地に駐屯しているアメリカ人向けの商業施設も多くなっていることから、金髪系のデリヘル店も存在します。お店の特徴としては、若い年代の女の子が多く在籍しているという事です。外国人に対応したお店も多くなっているためにいつもよりだいたんなサービスが受けれるかもしれません。もちろん駅周辺にホテルは多数ありますので、利用もしやすくなっております。実は福生には地元民の間で赤線と呼ばれる風俗店が立ち並ぶ地域があるようです。赤線ができた経緯としては、福生にはかつて帝国陸軍多摩飛行場があり、戦後に接収され、在日米軍横田基地になりました。そういった施設の周辺には、軍人の性欲を満たす場が必要となるもので、福生のある一帯に慰安所ができ、赤線指定を受けることになったそうです。もちろん現在はそういった形では存在しませんが、その名残が残っているようで、福生駅東口をでて2,3分歩くと客引きがうろつくところがあります。通常のピンサロなどの行為を楽しむこともできますが、中には本番行為ができるお店もあるので興味がある方は一度福生を訪れてみてはいかがでしょうか。