> > >

東京都内・池袋~大塚~巣鴨 のデリヘル店と風俗店

解説地域

池袋~大塚~巣鴨

地域の詳しい解説

東京の中央部付近に位置する豊島区。その中でも主要地区が池袋、大塚、巣鴨となっています。風俗店、飲食店、商業ビルなども多く立ち並び、東京と検索をかけてエリアで絞る場合はこの3つの名前がセットで挙がります。池袋は活気あふれる若者も多く訪れる場所となっていますが、他二つはどちらかといえば年齢層の高いお客様が多い場所となっており、商店街やお店も地域に密着したお店となっています。巣鴨は「おばあちゃんの原宿」として有名な巣鴨地蔵通り商店街があり、渋谷・原宿とは似ているようで似ていない賑わいを見せております。

この3つの地域では昼は多くの客が訪れる商店街も夜には人が減り、裏路地などにあるスナックやキャバクラに人が集まります。客層もガラッと変わり、高齢者や若者が多い昼とは一変し、サラリーマンや会社勤めの方が多く夜の街を利用しています。治安はとても良いとはいえぬものの夜歩けぬほどではありません。また、風俗店でも店舗型の風俗店店舗数は東京の中では多いほうとはいえず、デリヘルが中心の地域となっています。その店舗数、種類ともにとても豊富で外国人・M性感・激安店・ギャル・人妻・コスプレなど数え切れないほどとなっております。中には風俗エステとうたっているところもあります。価格のほうも30分2000円代から利用できる店もありお財布にやさしい地域となっています。さらに、この3地域のほかにもこのエリアには「赤羽」も含まれていることも多くあります。基本的にエリア内のお店であれば交通費などが安くすみ、ただでもホテル代+デリヘル代とかかる中で、交通費をうかせることができるのでお得となっています。デリヘル店の情報は裏路地や街中、ラブホテルにある情報誌で手に入れることができるほか、インターネットの検索でもこの3地域のエリアで検索することができます。最近ではどのお店でもパソコン用のホームページとスマートフォン用のホームページがあるのでアクセスがしやすいほか、雑誌などから電話をするよりも各女の子の出勤や最新イベント情報が細かく記載されているインターネット側から電話をしたほうが料金も安く済むことがあるのでご利用はインターネットをお勧めします。
主要となる駅は池袋駅、大塚駅、巣鴨駅となります。どの駅もJR東日本の駅であり、山手線が乗り入れています。この区画の移動は電車で5分で、徒歩でも約37分となっています。環状型になっている山手線での移動がもちろん一番電車の本数が多く楽だとは思いますが、ゆっくり観光などをしたい場合には徒歩での移動も視野にいれておける距離となっています。

各駅を紹介していくと、まず一番大きく重要となってくる駅は池袋駅で、山の手エリアの3大副都心の一つである池袋のターミナル駅となっている池袋駅です。本来池袋は町外れの土地に過ぎなく、明治時代の繁華街といえば巣鴨でした。1885年に品川線が開業したときには目黒駅・渋谷駅・新宿駅・目白駅・板橋駅が先に開業しただけで、池袋には駅そのものがありませんでした。1903年に山手線が田端まで開通したときに、当初は品川線を目白駅から分岐させる予定でしたが、地形状不都合があったために新しく池袋駅を建設したのが現在の池袋ができる始まりとなりました。そこから90年余りたち、現在池袋駅は1日の平均の利用者数が250万人を超える日本屈指のターミナル駅となりました。この数字は全世界の中で新宿駅についで2番目の乗客数を誇っています。ちなみに一時期は300万人を越えていました。駅周辺にも多くの商業ビルが立ち並び、西口には東武百貨店と東武池袋駅、東口に西武百貨店と西武池袋駅があり、始めてきた人は戸惑ってしまうことでしょう。さらに、駅構内のエチカ池袋とエソラ池袋も2009年にオープンし、メトロポリタンプラザとも直結しているために買い物やランチもしやすくなっています。駅西口側の東京メトロ丸の内線側にビジネスホテルなども集中しており、さらにそれより北側に進むとラブホ街もあり、宿泊場所に困ることはありません。
次に先ほど池袋駅の説明でも出てきた巣鴨駅ですが、巣鴨駅も1903年に日本鉄道の駅が開業した当初は巣鴨に駅をつくる計画はなく、大塚駅のあとは田端駅の予定でした。しかし、迂回しなければなくなったために急遽設置した駅が現在の巣鴨駅です。巣鴨駅の周辺にもビジネスホテルが線路沿いに立ち並んでいるほか、価格も安くなっているために利用しやすいものとなっています。しかし、ラブホテルなどは駅周辺にはありません。
最後に大塚駅ですが、大塚駅の周辺は巣鴨となっており、大塚駅前にある警察署の名前も巣鴨警察署となっています。これは、元は大塚駅周辺が巣鴨であり、駅の開業後大塚駅となって依頼大塚と地名が変更されたためです。元より大塚駅は大塚に駅が置かれるはずだったものの、池袋からの分岐として現在の駅が作られたために現在の場所に設置されました。池袋や巣鴨に比べて駅周辺にビジネスホテルは少ないので、宿泊の際には予約をしていくことをお勧めします。