> > >

東京都内・日暮里のデリヘル店と風俗店

解説地域

日暮里

地域の詳しい解説

日暮里は東京荒川区にある下町風情が色濃く残る街となっています。今の日暮里界隈は、西部の台地上の谷中エリアは、江戸・東京の下町の風情が残され、「ひぐらしの里」と呼ばれた頃の趣があります。渋谷や新宿とはまったく雰囲気が異なり下町といった風情漂う街です。ご承知のように、東京の中心地は、昔は浅草や日本橋でした。近くには上野の小高い山に建つ寛永寺がありますが、日暮里は銀座や浅草に近く同じ平地ですから、その頃は住宅地として人々が集まってきたようです。昔の日暮里の地名は「新堀(にいぼり)」といって堀があり、小さな川がいくつか流れていて、舟で下流からのぼって来れたようです。西日暮里から日暮里、三河島あたりにはアジア系の外国人が非常に多く住んでいます。そのために警視庁犯罪マップでは粗暴犯が多くなっています。西日暮里の西側にはお寺などの由緒ある建物も多く、商店街も昔ながらの商店街があります。また、このエリアには大型のスーパーは非常に少なく、食料品などを少し買って帰りたいとなった場合にも商店街を利用することになります。日暮里駅の西口には、寺院が数多くあり、西へ進んで階段を下りて行くと、短い距離ですが、いつも人々で賑わっている商店街があります。この商店街に食料品など様々なものがうっています。しかし、商店街自体19時前後で閉まってしまうので、働いている方にとっては食料を買って帰ることは厳しいといえるかもしれません。以前までは日暮里や西日暮里は家賃が都内一安いといわれていましたが、最近では交通のアクセスもよくなってきたせいか平均は通常の家賃と変わらなくなってきました。また、日暮里は実は布地の問屋等が多い街としてもひそかに知られています。そのため手芸好きの人にとっては聖地とも言える場所となっています。以前までは問屋ということで一般の人には販売していなかったお店が多かったようですが、現在では繊維街というキャッチフレーズの元、街おこしをおこなっているために一般の人にも広く売るお店が増えました。様々な色とりどりの布は珍しいものから人気のもの、需要が高いものまで様々なものが取り揃えてあり、普段手芸などにあまり興味がない人でも見ていて飽きることはありません。そのせいもあってか、日暮里では洋服が非常に安く手に入るところも多く、おしゃれな若者や、中国人、韓国人、アメリカ人にインド人など色々な国の人が買い物に訪れる街となっています。また、その種類の豊富さから洋服デザイナーの学生たちが買いに来ているともいわれています。
日暮里の主要駅は日暮里駅となります。JR東日本京成電鉄の本線、東京都交通局の日暮里・舎人ライナーの3社局の路線が乗り入れ、接続駅となっています。山手線、京浜東北線、常磐線、京成電鉄本線、日暮里・舎人ライナーの6路線がとまる駅となっていますので、都内でも重要な交通の結節点といえるでしょう。さらに、京成電鉄の日暮里駅は上野と成田空港を結ぶ京成スカイライナーの停車駅となっていますので、成田空港へのアクセスには専用の改札口や専用ホームがあり、とても便利になっています。日暮里と聞いてまず誰もが思い浮かべるのが日暮里駅となるかと思います。日暮里駅は、都心部の北側にあたる、荒川区にあります。駅を分断するように、荒川区と台東区の区界があるので、日暮里駅の東側が荒川区で、西側はおおむね台東区となっています。そんな日暮里駅にはにゃっぽりが生息しています。にゃっぽりとは、元JR日暮里駅に勤務していた女性職員が2011年6月に生み出したキャラクターのことです。日暮里駅の手作りマップやポスターなど宣伝物のアクセントにしようと考えた結果、猫をモチーフにした手書きのキャラクターが生まれました。そんなにゃっぽりはひそかにその人気を高めていき、2013年10月には日暮里駅の公認イメージキャラクターとなりました。現在では日暮里駅のポスターやマップはもちろんのこと、日暮里駅のイベントなどが行われる際にはマスコットキャラクターとしても登場しています。2015年4月には日暮里駅開業110年イベントとして、「にゃっぽり日暮里ジャック」が2日間にわたって行われました。
そんな色々な印象がある日暮里ですが、ファッションヘルスやピンサロといった店舗型の風俗店があるほか、デリヘルやホテヘル、性感マッサージが利用できるラブホテルがあったりと、風俗遊びは問題なくできます。ラブホテルは主に高架沿いに密集しています。場所自体は地味ですが逆をかえせば人気が少ないのでホテルに入りやすく、気軽にデリヘルが利用できます。近頃ではデリヘル店の店舗が増え、そのジャンルもギャル、熟女、OLなどと次第に増えてきています。デリヘルの女の子は掘り出し物のようなかわいい子に遭遇することが多々あるらしいので是非一度試してみてはいかがでしょうか。