> > >

東京都内・品川のデリヘル店と風俗店

解説地域

品川

地域の詳しい解説

品川は元々、目黒川の下流から河口付近一帯の地域を指して品川と呼ばれていましたが、近代になって、品川駅がこれよりかなり北側に開業したため、現在の品川の心象的地理は、港区の駅周辺を含めた地域まで拡大しています。品川の名前の由来は、目黒川の別名であるとする説、高輪に対して品ヶ輪とした説など様々あり、はっきりとしたことはよく分かっていないそうです。そんな品川はビジネスマンの町といっても過言ではなく、サラリーマンがとても多くなっています。かつではソニーなどの工業発祥の地である物づくりの町として知られていました。もちろん現在でも三菱重工、マイクロソフトなどがあり、日本のビジネスの中心地ではあるのですが、近年では新幹線開業によって品川駅、大崎駅、五反田駅が再開発されたために、先進的で機能的な街に変化していきました。品川にはこれといった観光地や公園が少ないイメージがありますが、東京都立潮風公園や都立林試の森公園に加え、東京湾沿いにはしながわ水族館や船の科学館など、施設は揃っており、ファミリー層には快適な街になっています。他にも治安を維持するために防犯パトロールや街頭防犯カメラ等の設備の助成にも力を入れていることや、品川区ではこのほかに児童福祉だけではなく、地域福祉小学校の登下校時に当たる午前8時と午後3時に花の水やり、買い物、犬の散歩など屋外に出て子供たちを見守る83運動というものが行われています。これは昔からの近隣住民のコミュニティを生かしたこの地域ならではの取り組みと言えるでしょう。そんな品川のかかげるスローガンは「子育てするなら品川区」となっています。防犯面だけではなく普段の生活ではかかせない買い物も、全長1.6メートル、400店舗の「戸越銀座商店街」があり非常に便利になっています。しかし、その反面放置自転車や駐輪場・駐車場の整備、緑化などへの取り組みはやや弱くなっています。また、品川駅を挟んで港南口と高輪口で街の雰囲気が大きく変わっています。港南口は昔に比べオフィスビルや飲食店が増え来ており、駅から各ビルへの通路なども整備されてきました。ビジネスの町といった印象がもたれるのはこちらの港南口のほうとなっており、日々スーツ姿の人々がめまぐるしく行き来しています。それにくらべて、高輪口のほうにはビジネスホテルが軒を連ねており、水族館ができたりとしましたが、昔とあまり街の様子は変わらずむしろ大きなパチンコ店ができるなどしました。
そんな品川の風俗事情ですが、実は東京都内の中でも風俗街として名高いエリアが五反田・品川となっています。もちろん、歌舞伎町や池袋などに比べるとその店舗数は少ないものの、このエリアには非常に豊富なジャンルのお店が存在しています。OL・外国人・学園・人妻・巨乳・フェチ・マニア・SM・ギャルなどと日本にあるジャンルのほぼ全てがそろっているのがこの五反田・品川エリアとなってきます。品川自体、目立った観光施設や商業施設などは少ないものの、ライブハウスやイベント会場といった巨大な施設が存在しているため、イベントが行われる際にはビジネスマン以外の方たちも多く集まってきます。また、ホテルも豊富にありますので風俗店の中でも店舗を持たないデリヘルなどをご利用の際には嬉しいことです。デリヘル店の数は200店舗近くあり、こちらももちろん種類豊富となりますので自分の性癖にぴったりなものを探すことができるかと思います。また、お店の料金も格安店から大衆店、高級店と様々な金額設定で分かれているためにご利用がしやすく、在籍している女の子の年齢も20代からかなり高齢の熟女までいらっしゃるので男性の様々な欲求を満たすようなお店がそろっています。ただし、品川駅周辺には都市再開発によって新しく建てられた建物ばかりとなっており、風俗店が入居可能な建物がないために風俗店はほとんどありません。さらに、品川発となっているデリヘル店のほとんどは五反田に事務所があります。理由としては、五反田というよりは品川と言ったほうが高級なイメージがあるためだそうです。そのため、近場だと思い電話しても女の子が来るまでに時間がかかってしまうことがありますのでご利用の際には事前に到着までの時間をきちんと聞いてからホテルに入ることをお勧めします。とはいっても、同じエリア内ですので交通費や派遣費は格段に安くなります。また、激戦区といっても過言ではない地域であるためにお店ごとにいろいろなサービスやイベントで割引されていることが多いので、利用したいお店のホームページなどをチェックしてからのご利用をお勧めします。
品川の中心とも言える駅はもちろん品川駅となり、、東京都港区高輪三丁目および港南二丁目にある、JR東日本・JR東海・JR貨物・京浜急行電鉄の駅となっています。様々な路線が乗り入れているために駅自体も広く、その利用客数も1日当たり100万人を超えています。西側の高輪口からでると駅ビルと呼べるほどの施設はないが、京急グループの複合商業施設「ウィング高輪EAST」が併設され、長距離バスの始発店でもある品川バスターミナルにも近くなっています。