> > >

東京都内・新宿~新大久保~高田馬場 のデリヘル店と風俗店

解説地域

新宿~新大久保~高田馬場

地域の詳しい解説

東京の中心部近くやや西よりにあたる新宿~新大久保~高田馬場は新宿区の中心駅ともいえる3つです。高田馬場から新大久保までは山手線で約6分の距離で歩いても30分ほどの距離になります。また、古くは甲州街道の通り道として栄えた新宿駅周辺には日本有数の繁華街が形成されており、新宿駅は鉄道各路線のターミナルのため昼夜の人口増減が特に著しくなっています。さらに、大久保、大久保駅、新大久保駅周辺から職安通りにはコリアタウンをはじめとする、外国人コミュニティが形成されており、都内でも最も外国人登録者が多い区でもあります。裏路地までもが韓国のショップで埋め尽くされており、飲食店・お土産屋などがすべて韓国のお店となっているために、「パスポートのいらない韓国」とまで比喩されているほどです。さらに、2003年から放送されたヨン様で有名な「冬のソナタ」の影響で中高年の女性に韓流ブームの火がついてからは新大久保エリアは韓流ムードを国内で味わうことができる場所として多くの観光客が訪れるようになりました。最近では韓流ドラマからだんだんとK-POPへとブームが変わっていったおかげで、観光客の世代の幅が若者までに広がりました。このため、大久保通りから職安通りにあるドンキホーテの横の細い路地は「イケメン通り」と呼ばれており、この通りにあるお店で働く韓国出身の若い男の人が高確率でイケメンとなっています。そのため、休日ともなると原宿の竹下通りのような賑わいを見せます。また、大久保は、同じJRでありながら、大久保駅と新大久保駅が至近距離にあるという珍しいエリアでもあります。そのために、オフィスや学校がたくさんあり、駅前はビジネスマンと学生でにぎわっています。JR大久保付近は昔からある住宅街で、歌舞伎町に近いことから「裏歌舞伎町」とも言われていました。お店などが多くあるというよりは、歌舞伎町に勤める人や歌舞伎町で遊んだ人たちのためのベットタウンとなっていました。そのために、大久保駅ホームからはファッションヘルスなどの風俗店の看板が多くめにつきます。また、JR新大久保駅のほうへ行くとラブホテルや外国人労働者が多いこともあって外国の料理店(中華・韓国料理店)などが多くあります。また、高田馬場は他2つがビジネス街となっている一方、多くの大学や専門学校、予備校があるために学生街として知られています。そのために街の物価も他より安くなっており、ラーメンの激戦区としてもその名を知られています。手塚修が社長を勤めた手塚プロダクションもここ高田馬場にあることから、高田馬場駅の山手線発着メロディが鉄腕アトムの主題歌になっています。さらに、駅周辺の商店街などのいたるところにも手塚修の漫画モチーフがいくつもあります。
外国人登録者が多いということで、もちろん風俗店でも半分のお店は外国人系となります。外国人といっても金髪ブロンドとかではなく主に中国・韓国・タイ系中心のアジア系となっています。高田馬場駅から北東方向に伸びる「さかえ通り」は飲食店の並ぶ歓楽街でもありますが、一方で風俗街としても有名な地域となっています。しかし、実際に行ってみると雰囲気が昭和な感じなだけではなく、あまり栄えているといった感じはありません。人通りも多い感じはしなく本当にここが風俗街なのかと疑いたくなってしまうほどです。また、デリヘルでは他地区に比べ少し相場は高くなり高級店が軒を連ねています。もちろん高いのは金額だけではなく女の子の質も上がっています。高級店ではないデリヘルでも貧乳専門デリヘルやSMデリヘルなどもあり多種多様なお店がそろっています。中には、ニューハーフヘルスや男の潮吹き店といったアブノーマルな店もあり、人とは少し違った性癖をもっている方にも対応しています。この新宿・新大久保・高田馬場は同じエリア内とみなされますので、高田馬場にいて新宿のデリヘルを利用することももちろん可能となります。距離もさほど遠くない為に、交通費も安くなっており、自分の気に入るお店を見つけて遊ぶことができるようになっています。
新宿駅、新大久保駅、高田馬場駅のなかでは新宿駅が一番規模が大きく、たくさんの路線が乗り入れております。また、県外からの高速バスなどの終着点としても新宿駅は利用されますので交通のアクセスはどこに行くにしても大変よくなっています。駅周辺も商業施設などでにぎわっているほか、あまりにたくさんの路線が乗り入れているので迷ってしまうこともしばしば・・・。まず新宿駅についても地下鉄・JRなどで迷うだけではなく外から新宿駅に入る時点で迷ってしまうこともありますので、県外から行く方は事前に確認をしてからいくことをお勧めします。新大久保駅にいたっては駅のつくりはシンプルで、駅周辺はコリア・タウンと呼ばれており、韓国・朝鮮系住民が多く暮らしています。そのために韓国・朝鮮系の他、中国やタイを始めとしてミャンマーやトルコなどアジア各国の民族料理店などが多いのも特徴です。