> > > >

東京都内・吉原のデリヘル店と風俗店

解説地域

吉原

地域の詳しい解説

吉原とは東京都台東区千束四丁目、および三丁目の一部です。実は現在では吉原といった住所は存在しなく、加えて都内でもマイナーな場所にありますのではじめていく方にはわかり図楽なっています。細かい住所はというと東京都台東区千束4丁目24あたりとなっています。最寄り駅は、台東区・三ノ輪駅となります。元々吉原とは江戸時代に江戸郊外に作られた、公許の遊女屋が集まる遊廓(吉原遊廓)での名前としても有名なところで、現在では日本一のソープランド街として知られています。江戸幕府開設間もない1617年、日本橋葺屋町(現在の日本橋人形町)に遊廓が許可され、幕府公認の吉原遊廓が誕生しました。「吉原」の語源は遊廓の開拓者・庄司甚内の出身地が東海道の宿場・吉原宿出身であったためという説と、葦の生い茂る低湿地を開拓して築かれたためという説があります。
そんな吉原にはソープ以外は何もありません。漫画喫茶も普通の喫茶店もファミリーレストランもありません。遊びに行ったのはいいけれどもご飯を食べるところに困るといったことが多々起こりえます。コンビにも中心部付近にサンクスが一軒あるだけなので近くまで行ってお金を下ろそうなんて甘い考えを持ってはいけません。最寄り駅は三ノ輪駅となっていますのでその付近でおろすか、事前におろしてくることをお勧めします。また、お店まで行ってご案内の時間まで少し時間があるとしてもまわりに時間をつぶせるようなところはなく、吉原大門の交差点を挟んで吉原の反対側に昭和の雰囲気を漂わせるアーケード街があるだけで遊んだり見て回るようなところはありません。もしも、吉原で遊ぶ前にお腹を満たしてから行きたいとお考えの際には、三ノ輪駅から歩いて、吉原大門の交差点の手前に「土手の伊勢屋」という風情のある有名な天ぷら屋があります。隣は桜鍋で有名な「中江」があります。伊勢屋はいつも行列ができていますが、ここでもおいしいご飯を食べることができます。
そんな吉原はソープとして日本一なのももちろんですが、風俗街として様々な風俗店が存在します。店舗型が多く存在する中デリヘル店も存在します。ただし、やはり吉原となりますとソープ店の数が多いためデリヘル店をさがすよりもソープを探すほうが早くなってしまいます。デリヘル店ではノーマルからアブノーマルな店まであるほか、もちろんソープよりも相場価格が安くなっていますので手ごろなお値段で遊ぶことができます。吉原は風俗街といえども歌舞伎町や新橋・六本木などといった風俗街とは全く異質で客の呼び込みは一切といってよいほどありません。もしあったとしても「どうですか?」程度の呼び込みとなっています。基本的に吉原を歩くと常連の方や予約客が多く、店の前まで車できてそのまま店内へと入っていきます。吉原のソープには入場料というものはありません。そのため、店に入って写真を見る前にお金を払うということはなく、写真を見て女の子を選んでから料金が発生します。また、予約などをお考えの際にはホームページに総額の料金が載っていれば、それ以上のお金を払うことはないと思ってもらって大丈夫です。お店によって料金の総額が載っていないところもありますが、そういった場合には電話で聞けば教えていただくことができます。さらに、他の風俗街と大きく違うことは吉原には写真指名というものがありません。ないというよりは一般的に写真指名と呼ばれる行為でも、吉原ではフリーと呼ばれていて必ず自分で女の子を指名して遊ぶことができます。お店に入り、写真を見ていいと思う子が見つからなかった場合には一円の料金も払わずにお店から出ることもできます。お店の中には写真を見るだけでお店を出ようとすると店員が料金を下げてでも引きとめようとしてくるところや、多少嫌味を言ってくるところもありますが、そこは意思を強くもち、お店を出ることをおすすめします。また、現在ではその場まで行ってから店を探さずとも大抵のお店にホームページがありますのでそれを見て予約を入れていくことが懸命です。吉原は比較的事前予約に寛容な場所であり、当日からしか予約を受け付けないということもなく、一週間ほど前からでも予約をできるお店もあるほどです。少し普通の風俗街とは違った吉原ですが、全国的に有名な場所ですので、一度は遊びに行ってみたいものです。
吉原に行くのならば、入谷、南千住、浅草駅などが最寄り駅となっています。また、鶯谷駅からは徒歩圏内となっていますが、夜遅くまでは電車がないので注意が必要です。ただし、吉原で遊びたい場合はお店に連絡をすれば大抵の場所では送迎のタクシーが着てくれます。店が決まってなく、タクシーにも乗らない場合は三ノ輪駅から徒歩15分ぐらいでいくことができます。ちなみに、自分でタクシーに乗り吉原に行くとなった場合でも1000円以内で行くことができます。新幹線で県外から来る場合には、東京駅でおり、山手線で鶯谷駅で降りるのが最短となります。また、飛行機の場合ですと羽田空港からモノレールで浜松町に行き、そこからJR山手線で鶯谷駅をめざすのが最短となります。鶯谷につきましたら、南口の改札口をでるとロータリーにタクシーが止まっているのでそれを利用することをおすすめします。